<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 地雷被害者へのチャリティフットサル大会での対談講演 | main | 23日、ディナータイム営業いたします。 >>

感涙と気の引き締まる想い

 こんにちは。
すろまい店長の健司です。

先日、信じられないぐらいありがたい
ことがありました。





ランチタイム、ランチの女王みなこさんと
準備をしていると、常連さんのYさまがお見えに
なりました。

その日は、Yさんはお急ぎのようで、

「今日は食べれないんだよ。
 ただ、渡したいものがあってお店に来てん。」

そして、一枚の封筒と取り出しました。



中身を聞いてみると、、、

すろまい基金へのご寄付でした。


しかも、かなりの高額。



なんと、今年のはじめに定額給付金でもらったお金を
どのように使おうかずっと迷われていたとのこと。

そこで、すろまい基金に預けることで
しっかり使ってもらおうとのこと。


ご存知のとおり、すろまい基金は特定の団体に
継続的に寄付するものではありません。

毎回、貯まってきたら、いくつかの団体を調べて、
ここは!
という団体に寄付をさせていただいています。


否定するわけでは決してありませんが、
学校を建てたり、井戸を掘ったりという、
目に見えてお金の集まりやすいところよりも、

むしろ、地味で目立ちにくいけど、とても大切。
きちんと明確な基準がある。

そうした活動を応援しています。

何度も言いますが、箱物を否定しているわけでは
ありません。

ハードもソフトもどちらも大切だけど、
悲しいかな、今の日本の支援、援助活動は
箱物にかたよりすぎている。

だからこそ、ソフトの方に小額でも寄付させて
もらって、それをみなさまにお伝えする。

そうすることで、それを知った人も、そんな地道な
活動を知ることができる。

日本の寄付文化も醸成される。
より、支援活動の質が向上する・・・

そんな意図があってはじめたものです。


これに共感いただいたYさんからの高額のご寄付。

最近、日常業務とトライアスロン関係の仕事で、
超忙殺で10分の昼寝もできない状態でしたが、

そんな言い訳をしている場合ではありませんね。


きちんと、段取りを考えて、やるべきことをやりつつ、
しっかり休んで、次につなげる。

これによって、もっと「良い仕事」をしていこうと
思います。

応援してくれている多くの方々のためにも。


ではでは!
今からまかない食べて夜の営業に備えます!

Yさま、本当にありがとうございました。


日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://suromai-tk.jugem.jp/trackback/167
この記事に対するトラックバック